冷えてないコーラの炭酸冷えてないコーラの炭酸

アナタが想像する「師匠」と、多くの人が想像する「百姓」は、もしかしたらまるで違ってるかもしれない。そう想像してみると、ちょっと不思議な感じがする。
夢中で歌う先生とわたし

夢中で歌う先生とわたし

私は仕事の関係で、日光へ向かうことが頻繁にあった。
東京から4時間ほどの場所に位置する日光市は栃木県にあり、海のない県で、多くの山に囲まれている。
もちろん、冬になると雪が多く、除雪車やチェーンが必須になる。
秋のシーズンには、東北自動車道を使って2泊3日の予定で行って、行って帰って、また2泊3日というスタイルが多くて、サイトなどの情報で日光が登場すると懐かしくなる。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は見た方が良い県だ。
ちょっとだけ話をさせてもらうと、観光客のメインはやっぱり東照宮。
江戸を整備した徳川家康の眠る場所で、中の立派な様子に驚かされる。
さらに、いろは坂の先にある温泉街。
硫黄泉らしく、白く、熱めの温泉。
この温泉に入ると冷え症が完治するのではないかと思う。
日光東照宮建立当時、こちらの温泉街を目標にかなりの人数の湯治客が集まったようだ。
様子が想像可能な歴史的な町が栃木県日光市。
民宿の紹介も兼ねて、情報誌などに多く載っている栃木の日光に、また行きたいと思っている。

熱中してダンスするあの人とアスファルトの匂い
遠くの本家に住んでいる嫁のお母さんもかわいい孫の為として、とても一杯手作りのものを作成して送ってくれている。
アンパンマンがすごく好みだと言ったら、その布で、作成してくれたが、縫物用の布の以外ととても高額でたまげていた。
仕立てるために必要な布は縦、横、キャラクターものだと上、下も方向があるので気をつけなくてはならないらしい。
なのだけれど、たんまり、作ってくれて、届けてくれた。
孫娘は非常に愛らしいのだろう。

熱中して熱弁するあの子と俺

去年の深夜の出来事だけど、私は仲良しの女の子と、横浜から高速道路を使用し、茅ヶ崎にやってきた。
なぜかと言うかは、宝物の一眼レフのカメラで海を撮影するためだったが、上手に映らない。
海は久々だったから、そのうち靴を脱いで海の中に入りはじめた。
それにも飽きて、砂で小さな城を作ることをするようになった。
それまでは、おそらく近くに置いていた白い一眼レフ。
しっかり滞在して、帰路の中、GSで一眼レフがケースにない事にびっくりした。
仕方なくマンションまで帰ったけれど、しばらく、最高に切なくなったのを覚えている。
数多くの記録が入った私の一眼レフ、今はどの場所にあるんだろう?

雨が降る祝日の日没はゆっくりと
この夏は、海水浴に行っていないが、楽しみにめっちゃ行きたい。
今、わが子が小さいので、泳がせないでちょっと遊ぶぐらいだけど、しかし、たぶんおもしろがってくれると思う。
なのだけれど、今、パンパースをはいているゆえに、他の人の事を考えたら海に入れない方がいいかもしれない。
オムツのプール用もあるが、嫌な人もいて問題に発展しているらしいので。

気分良く走るあいつと穴のあいた靴下

怖い物はたくさんあるけれど、大海原が怖くて仕方ない。
しかも、タヒチやオーストラリアなどのクリアな海ではない。
それ以上の恐怖は、日本海などの黒々とした海だ。
ついつい、どこを見ても海、という状況を想像して怖くなってしまう。
気分だけ味わってみたかったら、open water という映画が持って来いだと思う。
ダイビングで海に取り残された夫婦の、会話のみで話が進んでいく。
とりあえず、私にとって怖いストーリーだ。
現実に起こり得るストーリーなので、ドキドキ感は大変伝わるだろう。

雹が降った週末の昼にひっそりと
タリーズコーヒーでも、その他カフェでもさまざまな場所でコーヒーを飲むことができる。
もちろん、部屋でインスタントでも楽しめるし、いろんな場所で

私が大好きなのがスターバックスだ。
全席ノースモーキングと言うのが、煙の嫌いな私にとってありがたい。
そのため、コーヒーの香りを堪能できる。
値段も高いけれど、美味しい豆が使用されているのでコーヒー好きにはたまらない。
甘党の人は入るたびにコーヒーと、つられてデザートなどオーダーしてしまうという落とし穴もある。

雪の降る大安の早朝に想い出に浸る

暑い季節っぽいことを特にしていないが、ともだちと今度、コテージを借り炭を使ってバーベキューをする。
夏の定番だけれど、まれに、息抜きになる。
男のメンバーが少ないので、めちゃめちゃいっぱいなんやかんや準備をしないとな。
特に、バーベキューの準備が、女性だと不得意な人がまあまあいるので、頑張らないと。
しかれども必ず皆でお酒をがぶがぶ飲むその時は、ワインをがぶがぶ飲まない様に気をつけよう。

風の無い日曜の午前に外へ
また、麻衣子と明日香と旅に行ってきました。
この2人は、私の大学の同級生で、同じ時間を共有したクラスメイトです。
しかも、勉強していたのがトラベル全般とトイックなので、旅が大好きな生徒たちでいっぱいでした。
なかでも、麻衣子と明日香を含む仲良し6人で世界各国へ宿泊した思い出は懐かしい。
私はもともとそれほど仲のいい友人が多くないし、それで十分だと考えています。
という事で、素直に嬉しい言葉だけど、隣で麻衣子が満足しているような雰囲気だったのもツボでした。

騒がしくダンスする弟とよく冷えたビール

そそられなかったけれど、運動もある程度でもしなくてはとここ最近考える。
勤め先が異なるものになったからか、このごろ、体力仕事がものすごく少なくなり、体脂肪率がとっても上がった。
そして、年齢も関係しているかもしれないけれど、腹にぶよぶよと脂肪が増えてきて、とっても恥ずかしい。
ちょっとは、努力しないといけない。

そよ風の吹く平日の午前は焼酎を
暑い季節は生ビールがものすごくおいしいけれど、近頃少ししか飲まなくなった。
30前は、どんな量でも飲めたのに、年をとって翌朝に残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった当時はたいそうあこがれ、行くことがとても楽しみだったけれど、仕事のつきあいで嫌というほど行って、俺のイメージの中では、現在、いいイメージがない。
しかし、取引会社との付き合いの関係でたいそう久々にビアガーデンに行った。
たいそう久々にうまかったけれど、テンションが上がって大変ビールを飲みすぎて、やっぱり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

メニュー


メニュー


花花

Copyright (C) 2015 冷えてないコーラの炭酸 All Rights Reserved.