冷えてないコーラの炭酸冷えてないコーラの炭酸

アンケート等で、「お母さん」のことを尋ねられたとしたら、あなたはなんて返答する?「卵焼き」って、人によって感じ方が全然違うかもしれない。
自信を持って体操する君と俺

自信を持って体操する君と俺

自分自身、肌が弱く、コスメは全く使えないし、スキンケアも一部だけだ。
そこで、フルーツやサプリのパワーに頼ることになるのだが、ここ最近口にしているのがコラーゲンだ。
ジュースに溶かして、毎晩愛飲しているけれど、多少肌がハリが出てきた。
さらに、習慣にしてから調子が良くなるまで即効性があったので、感心した。

怒って泳ぐ母さんと花粉症
私は昔、正社員として多くの人に囲まれて働いていた。
しかし、働き始めて4年くらいで誰かと共に仕事をするのが無理だと知った。
残業の時間が長い上に、何名かで進めるので、仕方のない事だが、噂話が多い。
それを聞きたいと思えば上手くやっていけるのかもしれない。
しかし、どうでもいいとしか思えない運命なのだ。
そして、ペースがスローな人に合わせて進めるという我慢ができない、早い人についていけない。
普通は、努力不足!と思うだろうが、家族にはそういう運命だと言われた。

喜んで踊る父さんと読みかけの本

甘いおやつが非常に好きで、バウンドケーキやようかんなどを自分でつくるけれど、子供が育って作るものが制限されてきた。
私たち親がめちゃめちゃ楽しみながら食べていたら、娘が自分も欲しがることは当たり前だから子供も食べてもいいあまり甘くないケーキを自分でつくる。
自分は、激甘なものがものすごく好きなのだけれど、しかし、娘には砂糖とバターが多い物などはまだ食べさせたくないのでつくれない。
ニンジンやかぼちゃをいれたケーキが健康にもいいと考えているので、砂糖とバターを控えめにつくる。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、めちゃめちゃつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

夢中で口笛を吹く君と花粉症
北方謙三さんの水滸伝の人間くさく雄々しい登場キャラクターが、原作の水滸伝の108人になぞらえて、主要な登場キャラクターが108人でてくるが、敵方、権力側の人物も人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
作中人物に人間くさいもろさがうかんでくるのもプラスして、没頭し読んでいた理由だ。
弱いなりに自分の目標とか未来の為に成しうる限り奮闘しているのが読みあさっていて魅了される。
読み進めていておもしろい。
だけど、心ひかれる登場人物が不幸な目にあったり、希望がやぶれていく描写も心にひびくものがあるから魅了される歴史小説だ。

どしゃ降りの休日の夕方にゆっくりと

毎年、梅雨の季節が好きだ。
部屋の中はじめじめしているし、出かければ雨に濡れるけど。
一つの理由として、子どもの頃、この時期に見られるアジサイが可憐で、以来アジサイが咲くのを楽しみにしている。
長崎出島にて知り合った、シーボルトと瀧の紫陽花の中でのデート秘話を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人の中に紛れ込んで来日した、医師のシーボルトが、紫陽花を見て「お瀧さんにそっくりな花だ」と話した。
梅雨に美しく咲くアジサイを見て何度も、お瀧さん、お瀧さんとつぶやいた。
それが訛ってしまいアジサイはオタクサと別の名を呼ばれるようにもなったらしい。

月が見える水曜の夕暮れはお菓子作り
たしなむ程度のアルコールのおともに、ローカロリーで健康に良い食材を!と思っている。
ここ最近のおつまみは焼き葱。
その前はさんま。
それにも飽きて、最近は、鰻だけれど、少々高めなので断念。
昨日、新しいレシピを発見した。
スーパーで80円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、マーガリンで炒めて、みりんと塩を少々ふりかけて味を調えたもの。
大分コストは低いし、カロリーも低い気がしませんか。

雹が降った仏滅の夜明けに座ったままで

久しく行ってなかった地方への出張の際、初めて業務で同行したAさんは、背の高い人だ。
入社時に会話をしてから怖くて、仕事以外での会話は少しも機会がなかった。
先日、ふとAさんの腕まくりした太い腕を拝見してびっくりした!
大きめのパワーストーンブレスが10個以上目に入ったため。
ついつい、パワーストーン好きなんですね!と言ってしまったくらい。
するとAさんは得意げで、しかも笑顔で、それぞれのストーンの名前を教えてくれた。

どんよりした平日の明け方は昔を懐かしむ
今考えると、学校へ通うようになってから高校までほとんど学ぶという事をしていなかった。
友人が一生懸命に取り組んでいても、私は指示された内容をひたすら行うといった感じだったと思う。
しかし、大学に入学してから自分の好奇心をそそる分野の勉強が始まると、知識がするすると入ってくるようになった。
その後、働き始め、研修期間の勉強を過ぎて本当の業務になると、今度は好き嫌い関係なく、学習せざるを得なくなった。
疲れたなど考える時間もなく、ひたすら頭を使う数年が続いた。
こんな期間をしばらく体験すると、ふと学校時代に怠った勉強をやり直したいと思うようになった。
現在では、同じことを感じている人が周りにたくさんいる。

ひんやりした大安の夜にお酒を

健診は、毎度どういうわけか引っかかる。
心音だったり、血液検査だったり、胃だったり。
胃の検査を発泡剤とバリウムを飲み干して受けてみて、健診結果がくると、がんの疑義があり、いち早く、再検査を紙面に記載の病院にて受けてください。
と書き記してあったのには、あせった。
あせったというかおっかなかった。
大急ぎ胃腸科の病院に診断されに行ったら、結局のところ、胃炎だった。
胃は元来きりきりとしていたので、集団検診に引っ掛かったのはわかるが、文章で私の名前とがんの疑いが存在すると印刷されてあったら怖かった。

息絶え絶えで熱弁するあいつと気の抜けたコーラ
暑い日に、那覇まで働きに行った。
ここは、とても暑い!
ぴたっとした上着の上に、背広。
汗だくになりすぎて、スーツのジャケットは凄い事に。
宿にまで着いて、洗濯機もなかったので石鹸で洗濯した。
次の日着るとジャケットはホワイトムスクの良い香りがした。
スーツが痛まないかと心配したけれど、それでも洗わなきゃいけない思っていた。

メニュー


メニュー


花花

Copyright (C) 2015 冷えてないコーラの炭酸 All Rights Reserved.