冷えてないコーラの炭酸冷えてないコーラの炭酸

インタビューなどで、「コーラ」のことについて尋ねられたとしたら、あなたはなんて答える?「トニックウォーター」って、人それぞれで受け止め方が全然違うかもしれない。
控え目に話す父さんとアスファルトの匂い

控え目に話す父さんとアスファルトの匂い

買い求めた縫物の為の生地で、園に通うわが子の入れ物を縫わなくてはいけない。
私ではなく嫁が作成するんだけど、しかし、自分も絶対やだというわけではないので、面倒なようすだったらいっしょにしようと思う。
運ぶものをしまう袋が幼稚園に通うために必要らしい。
ミシンもようやく配達された。
使った感じもみてみようと思っている。

曇っている週末の夕方は散歩を
宿泊に行きたくてどうしようもなかった地域、と言うのは静岡の真鶴。
この地を知ったのは真鶴という題の川上弘美の小説。
でもこれは、私の子どもな感覚では、まだまだ理解はしていない。
だけど、登場する真鶴半島の様子が大好きで、行ったことのない真鶴に行きたいと思っていた。
静岡県の、神奈川県との真ん中にあるここ。
先が真鶴岬。
真鶴岬の先、海面から頭を出しているのは、三ツ岩という岩が3つ。
真ん中の石の上には鳥居としめ縄があって干潮になると歩いて渡れる。
思いかなって、話の中の景色を見ることができた。
私のデジカメのメモリーは真鶴の様子がいっぱい。
ホテルのおじさんにまた来たいと話すと喜んでくれた。

息絶え絶えでお喋りする母さんと濡れたTシャツ

元ブラックビスケッツのビビアン・スーは、綺麗で賢い人だ。
すでに30代も後半なんて、まったく信じられない。
昔の話だけれど、印象的なのが、英語勉強中のビビアンが英語のインタビューに答えていたところ。
まだまだ学習中らしかったけど、凄く努力が見られた。
今となっては英語も日本語も、じゅうぶん話せるだろうとみている。
彼女の魅力は計り知れないくらいだ。

湿気の多い火曜の午前に焼酎を
小さなころから、肌がさほど丈夫じゃないので、ちょっとしたことでかぶれる。
それに、ボディーソープの体に残る感じが嫌いだ。
だけど、真冬は非常にしっかり乾燥するので、無添加に近いケア用品を愛用する。
これらの商品のびっくりするところは、料金がとても高いところだ。

曇っている祝日の深夜に想い出に浸る

とある夏の日の午後。
少年は家の庭で、蟻の行列が虫の死骸をせっせと運ぶところを注意深く観察していた。
蟻たちは一所懸命に働いているのだが、虫の死骸ひとつでこんなにも大勢の蟻がいたって、意味が無いんじゃないのかと、少年はいぶかしんだ。
少年は、蟻たちを泥で埋めたらどうなるかな、という好奇心に駆られた。
でも、今日は単純に観察し続けることに決めた。
真夏だったので、少年の汗はダラダラと流れ、とめどなく蟻たちの近くに落ちた。

熱中して歌う彼女と冷たい雨
私の誕生日、親友から貰った香水は、強いフローラル系の香水。
合う香水を意識してチョイスしてくれた香水で、小さいボトルでリボンがついていて可愛らしい。
匂い自体も香水ボトルも大きくいっても華やかとはかけ離れた香水だ。
ストアには多くのボトルが並べられていたのだけど、目立たない場所に置いてあった商品。
サイズは本当にちっちゃい。
持ち運びやすくお気に入りだ。
出かける時だけでなく、外へ仕事に出るときもカバンの中に、家で仕事をするときは机の隅に置いている。
なので、手提げは同じ匂い。
だいたい身に着けているので、つけていないときは、「今日あの香りしないね」と気づかれる場合もたまにある。
香水ショップでさまざまな香水をつけてみるのは好きだけど、この匂いは今までで最高に気に入っている。

ノリノリで泳ぐ友達と夕立

前に凄く肥満だった時代に、毎日欠かさなかったのがハニートーストだ。
その上、夕食の後に3枚くらい食べていた時期もあった。
最悪なことにそれと同じくして、マッシュポテトに取りつかれてしまい肥満の道へまっしぐらだったあの頃の自分。
試みた痩せる方法が変わったものばかりだ。
例を挙げると、2週間スープダイエット。
これは2週間程おんなじスープだけで生きる食事だ。
仕事先にも水筒に作って持ち運んだという徹底さ。
それに断念して、枝豆を夕飯に置き換えるというダイエット。
さすがに、今はできない。
その後、2年ほどで生活習慣を変えると、するすると元の体型に。
とにかく地道にというのが間違いない。

ゆったりと体操するあの人と夕立
近頃まで全く知らなかったが、小さい子のプールの為のオムツというものが売っていた。
都会では、水用オムツを着けて入れる所と入らせてくれない所があって違うらしい。
疑い無く、大人から見れば、もれないオムツでも大便などふくまっているオムツで入られたら、気持ち悪いだろう。
しかれども、親としては、入れてあげたいと考えてしまう。
そうは言っても、逆の立場だったらなんか不快だ。

涼しい日曜の夜は熱燗を

オフィスで関わったOLさんがいる。
変わった人で、その話がどれも面白かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
保育士免許、潜水士の資格、インテリアコーディネイター。
TOEIC800点、調理師免許、元スッチー。
公認会計士までパスしていると噂。
さすがにこれを幼馴染に話してみたところ、君の勘違いじゃないかと思う、と言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の上司と職場結婚で寿退社していった。

涼しい水曜の夕暮れに立ちっぱなしで
普段、できるだけさっぱりしたコーディネイトで出歩く私は、周りにビックリされるけど。
タイツやポーチやドレスまで揃い、全部身につけたいと考えれば節約生活になりそうだ。
でも、jillは辞められない。

メニュー


メニュー


花花

Copyright (C) 2015 冷えてないコーラの炭酸 All Rights Reserved.