冷えてないコーラの炭酸冷えてないコーラの炭酸

「奇術師」について本や論文を書く事になったら、どういったことを書く?「芸術家」の成り立ちなんかだろうか。もしくは、自分独自の視点からの意見かな。
凍えそうな水曜の深夜は冷酒を

凍えそうな水曜の深夜は冷酒を

友人の彼氏のSさんの働く食品会社で、いつも梅干しを購入している。
アルコールが入ると電話をくれるSさんの後輩でアルEくんは、ほとんど話がかみ合わない。
シラフの時の彼は、結構な人見知りが激しいようで、あまり多くは話さない。
したがって、私自身、Eくんとは満足いくくらい会話をしたことがない。

涼しい金曜の早朝に窓から
深夜、寝付けないときに、借りてきたDVDをなんとなく見ることがある。
先日選んだ映画は、エスターというタイトルのアメリカ作品だった。
主要人物、エスターは、しっかりしているけれど一風変わった9歳の子供。
最後には驚きの結末が隠されている。
それを見ている経過で、エンドが分かる人がいるのか疑問なくらい意外すぎる終わり方。
まさに、ドキドキとするわけでもなく、とにかくある種のホラー映画のような結末だった。
ストーリーは、いつも私の真夜中の時を満足させてくれる。
映画と言えば、だいたいお酒一緒なので、体重が増えてしまうのが分かる。

具合悪そうに走る先生と花粉症

此の程、物語を読みとおすのはわずかになったが、3年ほど前に水滸伝の北方版に魅了されていた。
昔の水滸伝を訳したものを軽く見た時は、粗末だと思い、心酔しなかったが、北方版水滸伝を読みとおしたときは、心酔し、読み進めるのが止まらなかった。
会社の仕事のなか休みや仕事が終わってからの食事中、お風呂でも精読して、1日一冊ずつ読みとおしていた。
登場人物が人間味あふれていて、男らしい登場キャラクターがめっちゃ多数で、そういったところに心酔していた。

笑顔で口笛を吹く妹と僕
気になってはいても行ったことはない、だけど、しかし、夜の暗さの中での動物園は、夜に活動的な動物がすごく活発に動いていて眺めていて楽しいらしい。
けっこう前から興味あったけれど、夜の暗さの中での動物園は見に行ったことがないけれど、娘がもう少し楽しめるようになったら見に行ってみようと考えている。
もうちょっと怖がらないようになったら、さぞ、娘も喜んでくれると思うから。
昼間の動物園と違う気分を私も妻も必ず楽しめると思うので経験してみたい。

そよ風の吹く土曜の晩は友人と

昔、両親は、娘の私の友人関係に対し、しつこく積極的であることを求めてきた。
一般から離れてはいけない、など。
凄く暮らしにくい時期だったと思う。
授業時間が終わると、ほぼ毎日偽りの生活を嬉しそうに母に告げる。
そうすれば、楽しそうな顔をするのだ。
多少でも奇抜だと、おかしい。
そんなことだけ思っていた昔の自分とお父さんとお母さん。
気の毒な昔だと思う。

笑顔で踊る兄さんと観光地
物語を読むのは域外の一つだけど全部というはずはない。
江國香織の小説にとても惹かれる
もう何年も同じ本を読み続けているほどだ。
登場人物の梨果は、8年付き合った恋人の健吾と別れてしまうが、そのきっかけの華子と一緒に住むようになるという変わったストーリーだ。
とにかくラストは衝撃的で、大胆な形だが最後まで読んだうえで振り返ると「確かに、そうなるかもしれないな」というのを匂わせている。
そして、言葉のチョイスや登場させる音楽や、物など、センスが良い。
ミリンダが出ればミリンダを飲みたくなるよう書かれているし、べリンダ・カーライルや古内東子といったミュージシャンが出てくると私もCDをかけてしまう。
表現の方法が上手なのだろう。
そして、悲しい美しさだと思った…という言葉がどこから浮かんでくるのだろう。
こういった文章に魅力を感じて、夜遅くに何度も同じ江國香織の文庫本を読んでしまう。
好きな本との深夜の一時は夜更かしの発端かもしれない。

そよ風の吹く仏滅の午後に熱燗を

学生のころよりNHK教育テレビを視聴することがものすごく多くなった。
昔は、親やじいちゃんが視聴していたら、民放のものが視聴したいのに考えていたが、近頃は、NHKを好んで見る。
若者向きのものがとても少ないと考えていたけれど、近頃は、楽しいもの番組も増えたと思う。
それと、かたい番組も好んで見るようになった。
また、攻撃的でないものや息子に悪い影響がとても少ないものがNHKは多いので、子供がいる今は視聴しやすい。
民放では、アンパンマンでさえとっても攻撃的のように見える。
毎回殴って終わりだから、私の子供も真似するようになってしまった。

曇っている月曜の早朝にシャワーを
花火の季節なのだけれど、今住んでいる場所が、観光地で毎週末、打ち上げ花火が上がっているので、すでに慣れてしまって、新鮮さも感じなくなった。
週末の夜、花火を打ちあげているので、ものいいもゴマンとあるらしい。
自分の、家でもドンという花火の音がやかましくてわが子がびくびくして涙を流している。
夏の季節に数回ならいいが、夏の間、土曜日に、どんどん大きな音が鳴り続けていては、いらいらする。
すぐに終わればいいのにと思う。

笑顔で体操する彼とわたし

ある大きな内容の仕事が舞い込んできたとき「なんとかなる」と考えていた入所当時。
当時の私たち新米のみんなが「過ぎてしまったら大したことないよ」などとのんびりとらえていた。
このタイミングで指導担当の上司が促したセリフが脳裏に残っている。
「目標に向かって、しっかり準備を進めたからこそ、業務終了後に成功しただけの話。
だから、このように甘く構えていて、たまたま事が簡単だったという意味ではありません。
過ぎてしまえば簡単だったと言う裏の意味は、真逆です。
甘く見ずにしっかり取り組み準備をしたからこそ、能力が業務内容を越えて、仕事が円滑に進んだと言う事実を表しています。
真面目に仕事をする気になれましたか?
なめていないで頑張りましょう。」
という事だった。
その後、みんな必死に取り組みうまく収めきることができた。

曇っている休日の深夜に座ったままで
「絶対にこうで当然だ!」など、自分の価値観だけで周りを裁くのは悪い事ではない。
とは言っても、世間には事情と言うものが人間の周辺に浮いている。
それを考えれば自信を持つのはGOODだけど、強く否定するのはどうかな?と考える。
当然、これも個人の考えでしかないんだけれど。
生活しにくい世間になる可能性のあるかもしれない。

関連サイト・お役立ちサイトの紹介です。


引越業者に予約する
格安の引越し会社は、一括見積もりで見つかる。1番安い引っ越し屋さんを見つけて予約しよう☆
薬剤師の診療所の求人
薬剤師の求人・就職先を見つけるならこちらがオススメ。転職しようと考えている薬剤師さん、勤務先を探している薬剤師さんに打って付けのサイトを紹介しています。
個人再生や借金の無料相談
個人再生をしようと思っている方、司法書士・弁護士もう弁護士・司法書士には相談したでしょうか?借金返済問題の解決なら、専門家に相談するのが最善策です。



Copyright (C) 2015 冷えてないコーラの炭酸 All Rights Reserved.